お薦め記事
 ワームおすすめ
 ジグヘッドおすすめ
 釣り方解説
 ワームの型の作り方(石膏編)  ナツメ錘で作るジグヘッド1(ストレート)  TS ROCK釣法
 動画で見るワーム作り(再利用編)  ナツメ錘で作るジグヘッド2(オフセット)  ダート&フォール
 ワームホルダーを作る  ジグヘッドに必要な2つのモノ  
     

2016年11月25日

チューブワーム作ってみました

皆様、御無沙汰いたしておりました。

今回は、ショップの自作アイテム投稿ホームに何度か投稿して頂いている、
燕月様の作品の中からチューブワームの作り方を紹介いたします。

tube.jpg

簡単なチューブワーム作りをご紹介します。
本来オスとメスの型を用意して制作されるチューブワームですが、素人ができるようなものではありません。
そこで、木ネジや皿ネジを使って簡単にチューブワームを作ってしまいましょう。
ホームセンターで手に入りますし、サイズも長さも各種揃っていますのでお好きなものを選んでください。
[1]ネジの頭部分に木綿糸(使わなくなったPEでもいいと思います)を少し長めに結びます。最後にぶら下げて冷却しますので、チチワを作っておくと後がラクです。
[2]マテリアルの中に漬けてすぐに取り出します。
[3]S字フックなどを利用し任意の場所にぶら下げて冷やします。
[4]マテリアルが固まったらネジを取り出せば完成です。

私は普通に切り込みを入れただけですが、カット次第でピンテール、リングテール、ホグ系などにもできます。
また、何度もドブ漬けすることで厚みを持たせ、細長くカットすれば片面にリブの刻まれたストレートワームを作ることも可能ですし、粘土に埋め込めばネジ系ワームの型も簡単にできます。
上手くひっくり返すことができれば、外側にリブが刻まれたチューブワームもできます。

思いつきでやってみたら以外と面白く、短期間でしたがチューブワームでの釣りにはまりました。
チューブワーム好きな人はやってみると楽しいかもしれません。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−---

いや〜面白い作り方ですよねー

単純なのにドブ漬けなので、形も色もバリエーションが色々考えられます。
型流しの苦手な方でも、型を作るが面倒な人でも待ち時間が無いので、楽々出来ちゃいます。


燕月様、投稿有難うございました。



posted by momo | Comment(0) | TrackBack(0) | 作ってみた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月04日

TIEMCO ROCKBUM 2014

6月のこんなロックフィッシュにとってベストな大会はない!と
ダート&フォールで表彰台1・2フィニッシュを本気で狙って
二人でTIEMCO ROCKBUMに参加してきました!

改良中のアローヘッドにOceanSlugをメインに
大きいワームに反応しなかった場合のPDLマルチスティック
まさかの厳しい戦いに備えて… GULP デビルホッグ

OceanSlugはジグヘッドにフィットするようにとカットしカスタマイズしていきました。

rockbum1.jpg

ミーティングから小雨がっていましたが、開始時点では晴れて良かったです

rockbum2.jpg

今回は初めての快星丸さんにお世話になりました

まず15m付近の深めからスタートするも
小物の当たりしかない&釣れてもやっぱり小物という…
こんないい時期になんてこった


我慢の釣りを続けていると
ダートにカウンターでヒット!!

が、しかし…

hirame67.jpg

自己記録更新のナイス ヒ・ラ・メ 67cm!

嬉しいけど喜べない!もちろんロックの大会なのでノーカン


その後ちびマゾイをキープするも場所移動


8m付近のシャローエリア

ベッコウがでそうな感じだなぁと
粘り強くダート&フォールしていると

rockbum3.jpg

ようやくナイスベッコウ!


bekkou41.jpg

小物が続いたからかなり大きく見えたが41cm

でも、これが後4本釣れたら…イケる!表彰台へ!


そうは甘くはなく…結局はそれ以上サイズアップすることなく
入れ替えは1本のみでしょぼい結果に…

検量では2.8kgあったけどそのうちの2.1kgがベッコウ1本分!!
他がしょぼすぎでした。

女川へ走った2艘はかなりいい釣果をあげていましたが
半島南側、網地島付近へ残った2艘は散々な結果で
これはこれで船頭さん対抗戦みたいで楽しい大会でした。


posted by エビナ | Comment(0) | TrackBack(0) | トーナメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月27日

シリーズ作り方のコツ 2-2 色作り

2章 色づくり

two-Lのワームカラーのラインナップは確かに多いとは言えませんが、
「こんな色はないですか?」とか、
「こんな色を作りたいのですが何色買えばいいですか?」
と言う問い合せもけっこう多いです。

ワームを自作しての利点として、自分の好きな色が何時でも手に入ると言うのはかなりのウエイトを占めると思います。
それとワームの自作では再利用というのも、とても魅力的だと思います。
私が自分用に作るワームの90%は再利用です。
  
それは、新作のワームを作り始めると、テスト釣行に行くまでに何回も、
型を作り直し多くのボツワームが出来てしまいます。

これがどんどん貯まっていき、今ではこんな感じです。

容器1.jpg容器2.jpg


前に紹介した時は袋に入れて保存していたのですが、今の入れ物にしたらとても楽チンです。



マテリアル原液のみで作るときは大抵が色を入れずグリッターだけが多いです。
それとグロー(蓄光)ですね、蓄光ワームを作る時はバージンマテリアルの方が良いです。
古いものは色移りしたり汚れたりして蓄光効果が薄れてきます。

その他の色を作る時は、全部再利用ワームになります。
でもこれが中々楽で安定して色を作る事が出来ます。
特に量が少ない時や濃い色を作る時はクラッシュワームは最適です。

再利用を繰り返していると、どんどん汚い色になり最後には黒になってしまいそうですが、
それが意外なことに黒の残ワームは少ないほうです、意識的に作らないとなくなってしまうくらいです。

だんだん慣れてきて自由に色が作れるとハンドメイドは
とても楽しくなってきます。 

是非市販品には無い自分だけのオリジナルカラーを作ってみてください。 


シリーズ作り方のコツ 2-1 ワームの色付け

第1章 ワームの色付け

これが2番目に多い質問です。
「市販されているワームをWORM COLORに漬け込んだりして染めることはできますか?」
「このWORM COLORは、市販のワームを再度、染め直したり別の色に変えたりする事は可能ですか?」


two-Lのワームカラーは普通の塗料のように塗ってそのまま乾燥して定着はしません。
塗ってから色が染み込むまで半日くらい待たなくてはなりません。
カラーによっては全部染み込まず乾かない色があります。
染み込まない色は
ブラック、チョコレートブラウン、ワームブラウン、
オレンジ、イエロー、パンプキングリーン、スモークゴールド等です。

染み込む色でもベースになる色が薄くないと色が重なるので、汚い色になってしまいます。

染み込み易い色は
ホワイト、クリアレッド、クリムゾンレッド、ブルー、パープル、
オレンジクリア、ウォーターメロン、エメラルドグリーン、アンバー等で
段々色が染み込んでグラデーションにもする事も可能です。

ですが、やはり気に入らない色のワームは溶かして色を足し
自分好みのワームを作りましょう。

 

2014年02月20日

シリーズ作り方のコツ 1-2 マテリアルの加熱

今回は2章 マテリアルの加熱です

問い合わせの中にこんなのがありました。

「こんにちは。先日、ソフトルアーマテリアルキットのレギュラーを買わせていただいたのですが、
 どんなに慎重にマテリアルを熱しても透明にならず、粘りもでず、最終的には白いかたまりが
 出てきていっきにごてごてに固まってしまいます。作り方の映像のようにうまくいきません。
 なにかやり方がまずいのでしょうか?教えてください」


作り方動画では編集で早送りにしているのであっという間にマテリアルが透明になりますが、
マテリアルが完全に流せるまでになるには、ややしばらく時間かかります。


この方の質問から考えられる状況は
・マテリアルの量が容器に対して多く、加熱が足りない

最初はマテリアルの量を極端に少ない状態からやって感覚をつかみましょう。
するとマテリアルの色が白>乳白色>透明と変わっていくのがわかります。

この乳白の時にマテリアル量が多くて、容器内の上の方のマテリアルの温度が低くく
そのまま固まってしまったと考えられます。

20mlくらいで加熱してみます。



慣れて来ても容器に対して3分の1以上のマテリアルを入れると、
温度をを安定させるのが難しくなり、焦げや失敗の原因となります。


マテリアルをマドラーで引き上げた時に、ソフトなら釣糸で10号程度レギュラーなら20合程度の糸状で、
ほんのり湯気が立つ位で温度を保てたら、徐々にマテリアルの量を増やせば上手くいと思います。

固さ.jpg


初めての人やまだ慣れていない人等は入門用としてソフトマテリアルをお勧めします。
ソフトマテリアルは粘度が低いので流し易いですが、レギュラーやハードは
慣れていないうちはスタビライザーを加えても流すのが難しいと感じるかもしれません。

もしハードマテリアルを買ってしまって「ちょっと自分には難しいなぁ」と思ったら
ワームオイルかソフトナーで柔らかくし、さらにスタビライザーを加えると流しやすくなります。
(その分ソフトなワームが出来上がります)

注ぎ口にすぐ固まったマテリアルが溜まる様なら、温度が低く
マテリアルが糸状に流れず切れてしまう場合は、温度が高すぎます。

koge.jpg

高温で加熱し続けると透明のマテリアルが黄ばみやすく焦げてきます。
コンロの上で攪拌しないで放置したら、マテリアルの温度が上がりすぎてビーカーでも割れます。

上手にマテリアルの温度を安定させるのがハンドポワードの第一条件です。