お薦め記事
 ワームおすすめ
 ジグヘッドおすすめ
 釣り方解説
 ワームの型の作り方(石膏編)  ナツメ錘で作るジグヘッド1(ストレート)  TS ROCK釣法
 動画で見るワーム作り(再利用編)  ナツメ錘で作るジグヘッド2(オフセット)  ダート&フォール
 ワームホルダーを作る  ジグヘッドに必要な2つのモノ  
     

2010年05月17日

ダート系ジグヘッド&ワーム

newitem.jpg


今回の新商品の中からGLITTER-L(ラージ)とダート系ジグヘッド&ワームの紹介していきます。
本当はシーズンに入る前の4月中に発売したかったのですが遅れてしまいました。



まずラメのゴールドとブラックにラージサイズが登場です。

glitter-bl.jpg
今までのノーマルサイズが細かいのでフレーク状だったのに対して
ラージは使う量によってはテクスチャ感がでてワームをよりナチュラルベイトに仕上げてくれます!

glitter01.jpg

比べてみると違いは一目瞭然ですね
クリア系の色ではノーマルもいい感じですが、濃い色には
ラージの方がはっきりとテクスチャ感が出て、ベイトの保護色や
ナチュラル感を出したい時には良いのではないでしょうか。

大小両方混ぜてみると…
glitter02.jpg
こんな感じに斑にもできちゃいます。



ダート系アイテムとしてアローヘッドとアジルベイトが登場です。
2010.5new.jpg
ヘッドには鋳造時にスナップスイベルが装着可能で、トリプルフックを付けて
シーバスや青物等に使用できますが、他ダート系ワームと違うのはマテリアルがソフト〜ハードどれを
使用してもワームのテールがアピールする形にしてあり、ダートアクションの大半はアローヘッッドの方が
担っているという所です。ヘッドノーズがちょっと平にしてあって、そこでダートさせていると言う訳です。
そしてアジルベイトはアクションの補助としてに最初から猫背のような形をしています。
(アジルベイトはアローヘッド推奨です!)
そしてダートアクションの合間やスローダートでも違和感を与えない様にテールがナチュラルなアクションを
してくれます。だからトリプルフックを外して、ロックフィッシュで高速ジャークをしたり
ブレードをつけてリフト&フォール、など使い方に幅があるというスグレ者なんです!

redhead.jpg
レッドヘッドにしてトリプルフックを装着した見本です。

スペシャルコンテンツを見に行く
 →ARROW HEAD
 →AGILE BAIT

posted by エビナ | Comment(0) | TrackBack(0) | 製品情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/150159123

この記事へのトラックバック