お薦め記事
 ワームおすすめ
 ジグヘッドおすすめ
 釣り方解説
 ワームの型の作り方(石膏編)  ナツメ錘で作るジグヘッド1(ストレート)  TS ROCK釣法
 動画で見るワーム作り(再利用編)  ナツメ錘で作るジグヘッド2(オフセット)  ダート&フォール
 ワームホルダーを作る  ジグヘッドに必要な2つのモノ  
     

2010年07月13日

三週連続!同じ場所でフラットフィッシング!

kochi.jpg


3週連続同じ場所で新製品を使ってのテスト釣行
前回に引き続き釣果報告です。


一週目は前回報告した、「フラットでもジャーク」です。

二週目も夕間詰めのジャークでワームの大きさと色の違いをテストしました。
(気になる方はI LOVE ROCK FISH!をご覧下さい。)
 テストの結果としては、ごくごく普通に大きいワームに大きい魚、暗くなるに従って明るいワーム
 場所が関係しているのかわかりませんが、一環して黒系のワームはバイトが少なかった。

三週目はコチもヒラメもほとんどシャコやエビを食べていたので、今回はクロー系を試してみました。

初めに試したのがダブルクローの新作です。

ダブルクロー.jpg

2種類、7.5cm6.5gと6cm3.8gで小さい方を使ってみました。

今回の物はレギュラーマテリアルでも軽く引くだけで足まで羽ばたくようなアクションをします。

スイムテストでは申し分ない動きでしたが、実釣は今回が初めてで
三人で釣行開始して他にはバイトすら来ていないのに、3回のショートバイト後に
スローアクションにしたら3連続ヒットになり、かなり良い感じでした。

その後もヒットは続きましたがワームを変えてテストすることにしました。
次のワームは今まで「チビクロー」と言ってテストを繰り返していたものですが…

チビクロー01.jpg

大きさを二種類作ってみました、5cm5gと4cm3.6g

このワームは何度もモデルチェンジして登場していますが、
今回こそ最終バージョン4.4です。(最終的に3種類に)

チビクローアップ.jpg

今回の特徴はボディーをマットにして、目だけツヤありにしました。
とにかくクロー系は目が大事だと思っていて、それは目がある物は目を狙ってくるのに、
目がないとハサミの部分が狙われ易くなるからで、クロー系だと目の近くに針が来るので、
フッキングがしやすいのです。

今回のテストも申し分ない釣果を出してくれました。

チビクローとヒラメ.jpg

ヒラメも全員で5枚上がりましたが、内3枚がチビクローでした。

あともう一つテストしたかった事があって、大きな魚のお腹の中にも小さいエビやカニが、
いっぱい入っている事が有るので、クロー系は小さくても大きい魚がかかるのではないか?
と言う疑問を解決してみたかった、アイナメでは実証しているのですが、
コチでも試してみたかったのです。

100710_kochi.jpg

今日一番のビックサイズ!しかし写真やら撮ってるまに計る前にバラしてしまいました。

その後は夕間詰めのジャークタイムになり今回も爆釣でした。

100710_A-kochi59.jpg

最後の最後でam氏に記録更新の59cmがでました。






今週も行ってみようという事になっていますが、今度は何をテストしてみようかな、
気になる方はこの下をポッチとクリックして下さい。
にほんブログ村 釣りブログ 釣具ハンドメイドへ

posted by momo | Comment(0) | TrackBack(0) | 釣行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/156238082
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック