お薦め記事
 ワームおすすめ
 ジグヘッドおすすめ
 釣り方解説
 ワームの型の作り方(石膏編)  ナツメ錘で作るジグヘッド1(ストレート)  TS ROCK釣法
 動画で見るワーム作り(再利用編)  ナツメ錘で作るジグヘッド2(オフセット)  ダート&フォール
 ワームホルダーを作る  ジグヘッドに必要な2つのモノ  
     

2010年11月10日

プロトタイプから爆釣のカニワーム

chibi.jpg



新小型甲殻類ワーム「チビクロ」の紹介





ロックフィッシュはカニが大好きです。
でも現在カニ系ワームって少ないですよね。

以前two-Lでも「TANK CRAB」なるものを発売していました。
リアルなタイプとデフォルメした物なのですが、
難点も多々有りました。

でも、やっぱりカニ系ワームは捨てがたい。

と言うのも去年の10月3日に釣法で紹介した、
TS ROCK釣法でのカニ系ワームがとても良い釣果をだせたからです。

で、問題点の改善、まずは早く引ける、腕や足が動くと言う所ですね。

crab.jpg


出来上がったプロトタイプが上の写真、釣果も上々でした。

で、又問題点が、足が千切れ易い、型流しが難しい。

フォグ系ワーム.jpg


出来上がったプロトタイプが上の写真、足はラバーを刺してみました。
釣果も上々でした。

で、又問題点が、今度はほとんどワーム自体のアクションは無くなってしまいました。

チビクロー1.jpg

出来上がったプロトタイプが上の写真、今度は型流しが簡単、
腕も少し動く様になりました。
キャスティングしても釣果は上々で、これで完成?でももっと腕の動きを良くしよう。

四代目チビクロー.jpg


出来上がったプロトタイプが上の写真、腕の動きは抜群に良くなりましたが、
欲は出る物で、足も動かして見たくなってしいました。

チビクロー01.jpg  チビクローアップ.jpg

出来上がったプロトタイプが上の写真、軽く引くだけでヒレの様にひらひら動きます。
それとボディーをマットにして、目だけツヤありにしました。

chibikuro.jpgこれが完成バージョン チビクロ4.4




3タイプ 小さい方から 3.5cm 4cm 5cm になりました。
カニよりもエビに近く見えますが、ダブルクローとスクイラも
甲殻系ですので、これはカニと言う事で行きます。




にほんブログ村 釣りブログ 釣具ハンドメイドへ


posted by momo | Comment(0) | TrackBack(0) | 製品情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック