お薦め記事
 ワームおすすめ
 ジグヘッドおすすめ
 釣り方解説
 ワームの型の作り方(石膏編)  ナツメ錘で作るジグヘッド1(ストレート)  TS ROCK釣法
 動画で見るワーム作り(再利用編)  ナツメ錘で作るジグヘッド2(オフセット)  ダート&フォール
 ワームホルダーを作る  ジグヘッドに必要な2つのモノ  
     

2012年02月17日

無名新シャッド

shad0.jpg


思わず何にでも付けたくなる、two-L定番になってきた羽ばたく胸びれ
またある時は、甲殻類の足になったりもしておりますが…




グラブ系に続き、今回のシャッドにも、ばっちり生えております。
商品名にはいつも悩まされ…まだ決まっておりません。

以前の記事「石膏型が試作に向く理由」の中で紹介していた
シャッドの目処が起ちましたので紹介していこうと思います。

02.jpg


まだ名前も思考中のシャッドではありますが
当初よりコンセプトは「two-Lジグヘッド用ワーム」です。
two-L製ジグヘッドを装着した時にバランスが丁度いい形にしてあります。
・テールが上向きにセッ ティングする状態では
 オフセット、ストレートフック共にフックの先を背ビレに刺します。
 (オフセットではゲイプの部分をしっかり出してし まい、ヒレの上部から刺します。
  これでワームのずれも減り、フッキングも良くなると思います)

・テールが下向きにセッティング する状態では
 two-Lジグヘッドの「アローヘッド」のワームキーパーが
 がっちり喰い込む様になっています。


shad1.jpg
背びれガード

shad2.jpg
羽ばたく様にセティングされた胸びれ

shad3.jpg
メバプロ以来のシャドテール

shad4.jpg
アローヘッドのワームキーパーががっちりハマる設計




次回は「ソフトルアーにラバーを刺す」を画像で説明したいと思います。
意外とハマる楽しさですよ!お楽しみに。
posted by エビナ | Comment(0) | TrackBack(0) | 製品情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/252741434
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック