お薦め記事
 ワームおすすめ
 ジグヘッドおすすめ
 釣り方解説
 ワームの型の作り方(石膏編)  ナツメ錘で作るジグヘッド1(ストレート)  TS ROCK釣法
 動画で見るワーム作り(再利用編)  ナツメ錘で作るジグヘッド2(オフセット)  ダート&フォール
 ワームホルダーを作る  ジグヘッドに必要な2つのモノ  
     

2012年07月12日

ダート&フォール釣法 釣的動画取材!

前回のあなたもワームビルダーに続き第二弾two-Lネットショプ
釣的動画取材、まだ題名は未定ですがダート&フォール釣法の実釣に
天祐丸で奥松島周辺に行ってまいりました。

7月11日曇り今にも雨が降り出しそうな感じでしたが午後には
薄らと日差しがこぼれていました。

嵯峨渓周辺から始めるもののかなり濁りが入っていて
ちょっと反応が鈍い感じでスタートしましたが、
アイナメやベッコウゾイが顔を出し始めました。

今回は釣的動画の釣的道具でお馴染みのピースデンヤ
A.I.Zファクトリー
の相澤さんも同行して頂きました。

始めのうち相澤さんには、自分の好きなワームでスタートして頂ていました。

相澤さんによるとチビナメのバイトはあるものの。
「まだ一匹もキープしてないのに、フグの猛攻でワームがもう6個もかじられちゃいました〜
も〜そちらのリグに変えてもいいですか〜」

ちょとうんざりした様子だったので、早速アローヘッドにアジルベイトを付けて
ダート&フォール釣法の説明をしてました。

するとなんとキャスティングしてすぐ一投目でベッコウゾイをヒットさせました。

皆さんに、「なんだかちょっと出来過ぎなんじゃないの〜」などと言われながらも
次々と良形のアイナメやベッコウゾイを上げていきました。

ベッコウ

いや〜餌釣りだろうとルアーだろうと上手い人は上手いんだな〜と関心させられました。

それが中盤になって解ったのですが、なんとワームが上下反対にセッティング
している事が判明しました。

でも何の問題もありません。
逆に反対の方が上部が平になるので抵抗が大きくなりダートし易いのです。
なので上手くダート出来ない人や風が強い時などは意図的に逆刺ししても良いですね。

ヒラメ

その後も良形のマゴチやヒラメも釣れだし、あまりにポンポン釣れるので
天祐丸船長の高橋さんが、「こりゃ〜シャクってポンだな〜」などと言い出し
いつのまにかシャクってポンで定着してしまいました..........^^;

水揚げ

釣的動画の配信はまだ先になるとは思いますがご期待下さい。(2012/7/11)

posted by momo | Comment(0) | TrackBack(0) | 釣行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック