お薦め記事
 ワームおすすめ
 ジグヘッドおすすめ
 釣り方解説
 ワームの型の作り方(石膏編)  ナツメ錘で作るジグヘッド1(ストレート)  TS ROCK釣法
 動画で見るワーム作り(再利用編)  ナツメ錘で作るジグヘッド2(オフセット)  ダート&フォール
 ワームホルダーを作る  ジグヘッドに必要な2つのモノ  
     

2013年08月05日

2013震災復興チャリティ釣り大会in歌津


2013震災復興チャリティ釣り大会in歌津が8月4日に開催されました。

なんと予想はお〜はずれ!

前回、去年は40から50メートルラインをねらったと言っていましたが、
今年はジギング船とワーム船に分かれるとすればもっと浅場を攻めるとかってに解釈。
これでやっと夏場に得意のダート&フォールでの釣ができます。


などと言っていましたが、何事も勝手な思い込みはいけませんね〜。

やっぱり今年も水深40から50メートルラインねらうみたいです。

2013歌津 船.JPG

大会スタートは一度沖に出て全船揃ったところで、一斉にそれぞれにポイントに向かうようです。

今回作成したダート用のジグヘッドの最大は1オンスでフックが4/0です。

まず40から50メートになると1オンスでは底に着くまでにややしばらくかかります。

潮に流されて60?70位しか巻いていないスプールは残り僅かです。

今までの経験上ダート&フォールの効果が良好なのは15メートルで限界。

案の定まったくダート出来ている感じがしません。

船頭さんにもっと浅い場所では出来ませんかと頼んでみましたが、
一度だけ15〜20メートルに行ってくれましたが、
「船外機だば岸の近ぐまで行げっけどよ〜」
「おらあんまり浅いどごろおんかねがらやんだ〜」と言われてしまいました。

船内でぽつりぽつりとアイナメやマゾイ、ムラソイが上がりますが、
サイズは今一のようです。

するとかなり重厚な当たりがきて上げれば上げるほどその重みは増していきました。

だいぶ水面まで近づいてきたら船内で皆がざわめき出し、その時ロッドの先が水面まで引き入れられ
ドラグがギーでプツン   痛恨のラインブレイク......

でも隣の方がヒラメじゃね〜もしアイナメなら軽く50アップ間違え無しでしょ。

自分でもそ〜思いましたが、結局最後まで船中い一本もヒラメは上がらずだったので、
なんか姿見たかったな〜。

最終的にはリミットメイクは揃えましたが、マゾイのオチビちゃんが3尾....

2013歌津マゾイ.JPG

情けない結果になってしまいました。

2013表彰式.JPG

今回の参加人数は60人でワーム41人ジギング19人で、
前回はワームをやっている人が少なかったのですが、
それは事前に40から50メートラインをやると告知されていたからで、
今回はみんな自分と同じく勝手な解釈をしたようです。

表彰式では5位までの方の釣法インタビューでなんと5人全員がスローピッチジャーク。

尚話によるとジグの重さは70g〜130gで水深は70m位まで行ったようで
深いほうが良かったそうです。

もし来年も続くようだったらワームでのディープロック対策を考えてリベンジしたいと思います。





posted by momo | Comment(0) | TrackBack(0) | トーナメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/371188979
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック