お薦め記事
 ワームおすすめ
 ジグヘッドおすすめ
 釣り方解説
 ワームの型の作り方(石膏編)  ナツメ錘で作るジグヘッド1(ストレート)  TS ROCK釣法
 動画で見るワーム作り(再利用編)  ナツメ錘で作るジグヘッド2(オフセット)  ダート&フォール
 ワームホルダーを作る  ジグヘッドに必要な2つのモノ  
     

2014年05月27日

シリーズ作り方のコツ 2-1 ワームの色付け

第1章 ワームの色付け

これが2番目に多い質問です。
「市販されているワームをWORM COLORに漬け込んだりして染めることはできますか?」
「このWORM COLORは、市販のワームを再度、染め直したり別の色に変えたりする事は可能ですか?」


two-Lのワームカラーは普通の塗料のように塗ってそのまま乾燥して定着はしません。
塗ってから色が染み込むまで半日くらい待たなくてはなりません。
カラーによっては全部染み込まず乾かない色があります。
染み込まない色は
ブラック、チョコレートブラウン、ワームブラウン、
オレンジ、イエロー、パンプキングリーン、スモークゴールド等です。

染み込む色でもベースになる色が薄くないと色が重なるので、汚い色になってしまいます。

染み込み易い色は
ホワイト、クリアレッド、クリムゾンレッド、ブルー、パープル、
オレンジクリア、ウォーターメロン、エメラルドグリーン、アンバー等で
段々色が染み込んでグラデーションにもする事も可能です。

ですが、やはり気に入らない色のワームは溶かして色を足し
自分好みのワームを作りましょう。

 

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック