お薦め記事
 ワームおすすめ
 ジグヘッドおすすめ
 釣り方解説
 ワームの型の作り方(石膏編)  ナツメ錘で作るジグヘッド1(ストレート)  TS ROCK釣法
 動画で見るワーム作り(再利用編)  ナツメ錘で作るジグヘッド2(オフセット)  ダート&フォール
 ワームホルダーを作る  ジグヘッドに必要な2つのモノ  
     

2014年01月07日

初釣り

あけまして、おめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

昨年暮に我が息子が急に釣りに行きたいと言いだしたので、
まったくの初心者がtwo-Lのルアーで、どれだけ釣れるか
ためしに連れて行くことにしました。


一年間「へっぽこ釣行記」と言う容でやっていきますので
よろしくお願いします。

----------------------------------------------------------

お初にお目にかかります、TAKUと申します。

釣り歴は、少年時代にやったっきり
長らく手を出していないほぼ初心者同然の、ど素人です。

最近、ふと友人と釣りの話になり、懐かしくなって
釣竿担いで近くの石巻港まで行って、釣りをしてきたのですが
ど素人が適当な装備で、潮も見ずに行けば当然と言えば
当然ですが、一匹も釣れず…、ボウズのままほぼ1日を
潰してしまいました。悔しくて後日また、色々確認していって
みたのですがさっぱり釣れず、困った私は父親にに相談してみる事に。


「本気で釣りする気があるなら、絶対に釣れる釣りに連れてってやる!」
との心強い一言を頂き、さっそく本日、船でクロソイ釣りに行って参りました。

釣り船に乗るなんて、13年ぶりの事、前日からドキドキのあまり
まったく寝付けず寝不足のまま当日へ。

他の乗船者の方と合流し、船に乗り込みポイントへ
普段乗る事のない船の上で、ちょっとはしゃぎながらも
さっそくポイントで釣りを開始します。一投目から何やら当たりが!

これはついているぞと、気が逸りつつも釣り上げると
なんと手のひらサイズのアイナメの腹に針が引っかかっているでは
ありませんか、恥ずかしいやら悲しいやらでアイナメちゃんをリリースし
続いて何度か竿を落とします。しかし、その後当たりはなく
何度か場所を移動します、一緒に参加した方はヒラメやボッケなどなど
ドンドンと釣り上げ、少しづつ不安が募り始めます。

そして、その不安や寝不足のせいかベタナギにも関わらず
船酔いしてしまいノックダウン、そんな横でターゲットであるクロソイが
上がります!流石に、その姿を見て倒れたままではいられず、
力を振り絞り竿を握ります。

ワームが地面につき、コツコツと底を探っていると、ガッ…ガッと、
何かに引っかかった感覚が。この前に2度ほど根掛りしているので、
ああ、またか、そんな思いで外そうとしていると、隣から「それサカナだよ!」との声が!
慌てて、あわせようと竿を思いっきりあげますが、どうもそれが
ダメだったらしく、外れてしまい、落胆しつつももう一度ワームを底へ。
するとまたもや似たような感覚が…、今度は逃がすまいときっちりと
あわせると、クロソイがヒット!船酔いとドキドキで、もうパニック!
なんとか無事にクロソイを釣り上げ、感動のあまり船酔いが
吹き飛び、そのまま、釣りを続けます。

2014-1-3タク.JPG

しばらくすると、他の人達に立て続けにクロソイがヒットし
自分の方にもクロソイの当たりが!それをなんとかモノにし、2匹目の
クロソイを釣り上げます。調子に乗ってヒラメを釣りたいな〜、なんて事を
呟いていると、大きな当たりが…!

これは…ッ、もしや、ヒラメじゃないのか!
そんな事を思いながら、きっちり食わせてヒット。
丁度その時、当たりが分かりやすいように柔らかい竿に変えて貰っていたため、
想像以上に竿がグニャリと曲がり、焦りが全身を駆け巡ります。
ゆっくりゆっくりとリールを巻いてくると、獰猛そうな顔と不釣合いな
平たい姿が、そう、まさしくヒラメでした。

そんなこんなで、釣果はクロソイが2本にヒラメが2本
どちらも大きさが40を軽く超えており、大満足の1日となりました。
途中やたらと、小さなアイナメがアタックしてきたためか、
何個もワームがダメになってしまいましたが、父のワームは自作なのでの気兼ね無く
次から次へと戦力を投入でき事なきを得ました。

これからは自分でも自作してみたいな〜と思いました。

これからも、ちょくちょく、ブログに出させて頂こうと思いますので、
よろしくお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

「へっぽこ釣行記」と言うことで釣りをしている様子はなかなかの、
へっぽこぶりでしたが内容のほうは、クロソイ48cmヒラメ54cmと
どちらも船壱になってしまいました。

ビギナーズラックか否かは今後の釣行記をご覧ください。