お薦め記事
 ワームおすすめ
 ジグヘッドおすすめ
 釣り方解説
 ワームの型の作り方(石膏編)  ナツメ錘で作るジグヘッド1(ストレート)  TS ROCK釣法
 動画で見るワーム作り(再利用編)  ナツメ錘で作るジグヘッド2(オフセット)  ダート&フォール
 ワームホルダーを作る  ジグヘッドに必要な2つのモノ  
     

2013年06月11日

ヒラメにも最適!!

テスト釣行、今回も新型アローヘッドとアジルベイトのテストに行ってきました。

今回はアムさんに同行していただきました。
去年は、も〜ダート&フォールは完全にマスターしたと言っていましたが、
今年は不調のようでボウズが続いてかなり自信を無くしているようでした。

そこでダート&フォールのおさらい!

01action_image.jpg

上記のようにキャストしたらラインを張らずにフリーフォール、
ジグヘッドとワームの下が平らなので
自然にスパイラルしながらフォールしていきます。

キャストして初めのうちは、かなり強めにダートを2〜3回慣れるまでは2回、
慣れてきたら3回、ルアーが段々近づいてきたら徐々に弱めにします。

ロッドとラインが粘らない、なるべくラインを弾くような感じにリズム良く、
上へ上へと上がるイメージでダートさせて下さい。

ダートの後のフォールはカーブフォールの様にラインを張らないで
、出来ればフリーフォール、風が強い時や慣れるまではテンションフォールにします。

hit_image.png

上記のようなヒットパターンが有ります。
この釣では上記の右側のようにリトリーブ中のバイトやヒットも多発します。

新型アロー.jpg

それで開発を始めたのがこれ!
今までのジグヘッドとワームだとセッティングに慣れが必要でしたが、
このコンビだと普通にフックを刺しただけで元気に尻尾を振ります。

オフセットアロー.JPG

でもやっぱりこれ、オフセットだと尾っぽがフックにからみません。

今回のテスト釣行の成果も上々です。

130609アイナメ47.JPG

47センチアイナメを筆頭に40前後5本 ベッコウ2本

130609ヒラメ52.5.JPG

アムさんも絶好調で自己記録更新の62.5ヒラメ筆頭にヒラメ3 アイナメ2 ベッコウ2
35以下リリース多数

製品化まで今しばらくお待ち下さい。



posted by momo | Comment(0) | TrackBack(0) | 釣行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月28日

アイナメもやっぱりミノーイーター

昨日よりの続き。
いよいよ本題の詳細ですが、まずは大会の作戦。

だれしもが思ってると思われる、この時期はクロー系?
案の定、皆さんテキサスリグにバークレーデビルフォッグ。

ですが大会で皆同じリグとワームなら、腕と運になってしまうので、
腕も運も今一つの私は今一つの結果になってしまうのは明白です。

去年は5月の末からダート&フォールで好調で、
水温が15度を超えれば良い事が分りました。

やはりここはダート&フォールに賭けるしかない!

そこで問題になるのがルアー船は陸っぱりやゴムボートのように、
固定ではないと言う事です。

ちょっと深めの所や潮の流れが速かったりすると、
ルアーはすぐに船の真下にきたりします。

なので真上からダートさせても尻尾がフックに絡む事が無いような、
ジグヘッドが必要になったのです。

アロープロト01.JPG

02アロープロト.JPG

でこのようなものを考えながら試行錯誤の末に

オフセットアロー.JPG

で結局ワームも同時に開発中でこんな形、フックは刺しやすさも考えて上部を少し平らに、
フッキングも考慮して大きく迫り出しても先が隠れる溝を作りました。

でも今回はティムコ製限定なので、昨日も説明した下のような感じ

ティムコワーム.JPG

思ったよりも水温は低く10度そこそこ、でも結果は上々で昨日説明したように、
終始トップのまま。

最後に出たジャスト50のアイナメ1760グラムはなんと、
胃袋だけでも200グラムありました。

ベイト.JPG

中身がこんな感じでベイトがびっしり(比較に入れたワームは4インチ)

アイナメアップ.JPG

やはりデカクなるアイナメはミノーイーターですね。

ミノーイーターやマッチザハッチはフライ用語だけど、
釣は共通ロックでもまだまだ色々試して見ます。



2013年05月27日

ROCKBUM 決勝のキップ!

5/25ボートロックチャンピオンシップ第1戦の報告

天気晴れ途中ちょっと霧が出ましたが凪のロック日和、
予報では最高気温14度だったので覚悟して行ったら、
中々気持ちの良い1日でした。

今回の大会は全戦ティムコ製のワームのみ使用と言う事なので、
久しぶりに釣具屋さんへ行ってきました。

ティムコ製ワームはROCKBUMくらいで後はガルプ、ゲイリー、PDLで
探すのが大変でした。

ガルプデビルホッグがティムコオリジナルだったので、
フォグ系はこれで決まりでしょう。

でも私はダート&フォールがしたいのでこれ

ティムコ.JPG
マルチスティック5.5をチョイスですが先端がすこし細くなっているので、
区切りの良いところでカット4.5インチしました。

ティムコワーム.JPG
こんな感じなりました。

ジグヘッドが今試行錯誤中のオフセットタイプのアローヘッド、
これで真上からダートさせても尻尾がフックに絡む事が無くなります。

まだ一度しかテスト釣行してませんが仕上がりは上々です。

スタートフィッシング直後から暫定トップのまま44、45、47と入れ替えを続け、
11時でストップフィッシング。

港に戻って検量のはずが大型船が入っていると言う事で、
1時間半ほどフィータイムにすると出ちゃいました。

NCM_07132.jpg
ジャスト50のアイナメ1760グラム!!
時間外なのでもちろんノーカウント...まーそんなもんでしょう。

img_467429_63675619_0.jpg
それでも総合3位いただきました。

img_467429_63675619_1.jpg
皆様お疲れ様でした。
柏丸様かってに写真使用させてもらいました。

two-L的につっこんだ話は又後日...引っ張ってすみません。

posted by momo | Comment(0) | TrackBack(0) | トーナメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013ボートロックチャンピオンシップin宮城

みなさまご無沙汰しておりました。

なんと半年ぶりのブログアップとなってしまいました。

釣行してない訳でも新商品開発してない訳でも書くことが無い訳でも、
なんでも無く言い訳してもしょうがない単なる怠慢です。

でもようやく待ちに待った。

ROCKの季節がやってまいりまいた

と言う訳で昨日ROCKBUMボートロックチャンピオンシップ第1戦に、
参加してまいりました。

ティムコ主催の大会で全戦ティムコ製のワームのみ使用と言う
規制があってちょっと抵抗はあったのですが参加してきました。

大会のシステムが面白です。

予選1シーズン 1Round 5/25、2Round 5/26
予選2シーズン 3Round 6/29、4Round 6/30
予選3シーズン 5Round 11/23、6Round 11/24
決勝 12/1(予備日12/8)

1Round三艘のルアー船に各6人づつ乗り込み4時間のバトルをして、
各船の1位がファイナルラウンド出れるシステムです。

なので1Round3人×6Roundで計18人で決勝を戦う事のなります。

各シーズン1回のみ出場可能(3シーズンで最高3回出場が可能)
なんか敗者復活戦有りのようなルールです。

なので予選1シーズンが終わったばかりなのに11月の予選3シーズン
の応募も埋まりそうです。

各船は柏丸さん、はま丸さん、翔英丸さんで、
私は翔英丸さんにお世話になりに1位をいただきました。
各船の船長さん翔英丸の佐藤さん有難うございました。

詳しい内容は後日報告します。



posted by momo | Comment(0) | TrackBack(0) | トーナメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月24日

ダート&フォールで一年通し

先日2二ヶ月ぶりくらいの久々の釣行

今年は新型シャットの調整や大会でのディープロックでフラップシャットを
使った以外はほとんどダート&フォール(アローヘッドにアジルベイト)で
釣行していました。

今まではとにかく何が釣れるかテストしていました。

ルアーで釣れる魚種ならだいたいはいけるのが分かったので
今年はとにかくダート&フォールで一年を通してやってみたっかたのです。

5月より初めて最初のうちは、ほかのワームと比べて釣っていましたが、
あまりの釣果の差に2回の釣行でダート&フォールオンリーになってしまいました。

いつもなら8月に入るとフラットや青物にターゲットをかえていましたが、
今年は猛暑続きにもかかわらずロックフィッシュで通しました。

9月も試してみたかったのですが台風が何度も来てしまい久々の釣行となってしまいました。

10月も後半にさしかかろうとしていますが水温はまだ高いようで、
シャローにようやく魚が入って来たかなーって感じです。

今回はアイナメオンリーで49センチを筆頭に40前後が2本
その他4、最低でも32センチ!

12'10-49アイナメ.JPG

これからのまだまだダート&フォールで行けそうです。

問題はスポーニング前後で、海水温が下がりディープに
なるとさすがにダート&フォールではむりでしょうね。

ま〜どこまでやれるかやってみます。

posted by momo | Comment(3) | TrackBack(0) | 釣行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする